TOP >  わき脱毛とワキ汗・臭いの関係 >  汗かきと多汗症の違い

汗かきと多汗症の違い

「汗かきと多汗症の違い」について
多汗症というと、単なる暑がりの汗かきさんというように軽く考えられがちですが、厚生労働省から認められ た病気の一つです。多汗症は気温の変化や運動による発汗ではなく、その時々の緊張や不安などの精神状態が起 因するものや、甲状腺に何らかの問題がある場合(バセドー病などの疾患)や太り気味の人・あがり症の人に多く 見られます。汗をたくさんかくことで臭いが気になるようになり、好きなスポーツに打ち込めない・・・という 深刻な悩みにつながることも多いようです。幼児期からたくさん汗をかく汗かきと違い、多汗症は精神的なこと が原因になることから思春期に発症することが多く、「自分は汗をかきやすい体質かも・・・。」と思い込みも ストレスになり原因の一つと考えられています。しかし、発汗による痛みやある訳でもなく「○分に○ml汗を かいたら多汗症」という線引きがある訳でもないので、「汗かき」と「多汗症」の境界線は、本人の自覚症状と 許容範囲によるとも言えます。また、多汗症は、ワキの下だけでなく手のひらや足の裏・頭皮や顔にも発汗しま す。特に手の指の間や手のひらからの発汗は「手掌多汗症」と言われ、かすかに汗ばむ程度から汗が流れ落ちる などその症状には個人差があります。多汗症の症状の改善には「精神的に慣れる」ということもありますが、本 格的に治すなら薬剤の注射や汗腺を取り除く手術も考えられます。「手術とかはコワいし、まだ様子を見たい・ ・・。」という方なら、ドラッグストアに売っている各種制汗スプレーやデオドラント剤を使うのもいいかもし れません。また、臭いのきつい食べ物をさけるとか小まめに汗をふくとかの工夫もしてみてください。
汗をかくのは新陳代謝が良い証拠!とはいうけれど、気になるのは周りの視線ですよね。いい大人が真夏でも 無いのに汗をかいてるなんてなんかアヤシイ・・・?!汗かきと多汗症について考えてみました。